ペット関連の資格を考える時に見ておくべきサイト

ペット 資格

ペットも若返りの時代に突入!

現在、日本で飼育されている犬猫全体の約30%が10歳以上、50%が7歳以上となり、
人間と同様に高齢化時代に突入しています。

 

単なる飼い犬や飼い猫という関係から、「家族の一員」という位置づけで飼育されるペットが増えていますが、
人間同様に健康を維持しながら一日でも健康で長生きしてもらいたいという飼い主の願いが非常に大きなニーズとなっています。

 

国内で販売される主食となるペットフードは、国内外のものを含め数えきれないほど存在しています。
人間と同じようにペットの健康のためにも食事が最も大切ですが、市販のペットフードを購入している人は飼育者全体の7割にのぼるにもかかわらず正しく食事を選択できない状況にあります。

 

「ペットフードアドバイザー」という資格をご存知ですか?

■ペットフードアドバイザー

 

2日間の講習のみで取得でき、主な内容はペットフードに関する基礎知識の習得になります。
講習カリキュラムには栄養成分や食事の与え方からメタボリック対策まで多彩な内容が含まれています。
アンチエイジングに役立つ内容が満載で、ペットアドバイザーの入門編となるコースです。

 

・講習時間:12時間(2日間) ※試験合格後、修了証が授与されます。
・費用 : 受講料 20,790円、試験料 10,500円
      認定料 10,500円(すべて税込み)

 

とてもお手頃な資格ですね!

 

 

ペットの家族化という社会的背景をもとに、日本動物医療コンシェルジュ協会が、
日本で初めてペットのアンチエイジング=若返りをテーマにした飼い主教育講座「ペットフードアドバイザー認定講座」
全国で開講しています。

 

 

 

ペットとの共同生活をあと5年、10年続けるために、ペットの身体や健康に必要な栄養成分などを理解して自分のペットに合ったフードを正しく選択し、また自分でも正しいペットの食事をプランできるようになることを目指す講座です。

 

 

>>>まずは日本動物医療コンシェルジュ協会HPを見る<<<

 

 

「ペットフードアドバイザー」という資格を取得すると

 

1.自分が先生になれる!副業にもできる!
 ペットフード講座(スクール)を開講し、職業として副業としてペットフードアドバイザーとして活躍できます。
2.講座の基本カリキュラムをこなすことにより、自作のレシピを作るなどアレンジが可能です。
3.協会カリキュラムに沿い、新たな講師を認定して育てることが可能です。

 

 

資格へのバックアップ体制も整っていますね。

 

・協会のWEBに「ペットフードアドバイザー」として紹介
・協会提供の資料を使い講座開講が可能
・ペットフードアドバイザーマスター交流会に参加可能

 

そして、資格として履歴書に記載が可能です!!!

 

 

 

所有資格の欄に記載可能な資格となりますので、就職や転職にも役立ちますね。
食品メーカー、製薬会社、大手小売りなどペット関連事業部がある会社は多数ありますので、興味をもってもらえるきっかけとなります。
現在ペット関連の仕事についてらっしゃる方にとっては、お客様へペットフードについて高度なアドバイスができるようになります。

 

この社会的背景をもとに、日本動物医療コンシェルジュ協会では、「ペットフードアドバイザー認定講座」を全国で開講しています。
ペットとの共同生活をあと5年、10年続けるために、ペットの身体や健康に必要な栄養成分などを理解して自分のペットに合ったフードを正しく選択し、また自分でも正しいペットの食事をプランできるようになることを目指す講座です。

 

こんなにお手頃な価格で資格や知識が手に入るなんて素晴らしいですね!
ぜひ検討してみてはいかがですか☆

 

このエントリーをはてなブックマークに追加